2022年1月

離婚・男女問題
ゆりの木通りにある法律事務所
判例紹介:抑うつ状態のために退職し減収となったことを理由とする婚姻費用減額の申立てが却下された事例(大阪高決令和2年2月20日判時2477号50頁)

婚姻費用は事後的な事情変更により,その金額の変更が可能です。話し合いで解決できない場合には,増額調停や減額調停を申し立て,調停不成立の場合には裁判官が判断します。この裁判例は,うつ病により就業が困難になったと主張して婚姻費用の減額を申し立てたものの,裁判所がそれを許可しなかった事例です。

続きを読む
相続
判例紹介:民法上の配偶者が中小企業退職金共済法14条1項1号にいう配偶者に当たらないとされた事例(令和3年3月25日最高裁判所第一小法廷)

事案の概要 本件は,Xが,母親Aの死亡に際し,独立行政法人勤労者退職金共済機構(Y)に中小企業退職金共済法所定の退職金共済契約(Aの勤務先会社が締結していたもの)に基づく退職金の支払等を求めた事案である。 なお,Xは,退 […]

続きを読む
その他
年の瀬の三ツ峠山に登る

冬期休暇中にふと思い立ち,友人と山梨県にある三ツ峠山に登りました。今年は非常勤の授業準備が忙しく,なかなか山に行く時間が無かったため,最初にして最後の登山です。 三ツ峠山は,河口湖のほとりにある標高1785mの山です。開 […]

続きを読む