1 はじめに
2 任意整理の方法
(1)任意整理
(2)民事再生(個人再生)
(3)自己破産
3 弁護士に依頼するメリット

1 はじめに

債務整理とは,支払いが困難な状態にある債務者(個人の場合と法人の場合があります)が,その経済的な再生のために,債務を整理する手続きの総称です。債務整理の方法は,大きく分けると,以下の3つに分けることができます。

①任意整理

②民事再生(個人再生)

③自己破産

弁護士は,債務者の事情に応じて最適な方法を提案し,債務者の経済的な再生のお手伝いを致します。借金の返済でお困りの方は,当事務所までお気軽にご相談ください。

2 債務整理の方法

(1)任意整理について

任意整理とは,弁護士が債務者の代理人となって債権者と交渉し,引き直し計算による借金の減額,金利のカット,又は支払条件の緩和などを行う債務整理の方法です。借金の総額が少なく比較的返済に余裕がある方や,個人再生や自己破産を避けなければいけない事情がある方に向いた手続きといえます。
なお,「引き直し計算による借金の減額」とは,消費者金融などが利息制限法の上限を超えた金利の設定をして取引をしていた場合,これまでの取引を利息制限法に基づく金利に引き直して再計算し,現時点の借金の総額を減少させるというものです。再計算の結果,現時点の借金の総額以上に金利を支払っていた場合,いわゆる「過払い金」として,払い過ぎていたお金を取り戻すことができます。

(2)民事再生(個人再生)について

民事再生(個人再生)とは,借金の総額を法律の基準に従って大幅に減額し,残額を原則3年で分割して支払う債務整理の方法です。民事再生(個人再生)は,裁判所に申立てを行う手続きになります。
例えば,500万円の借金がある方の場合,小規模個人再生の手続きを行えば,最低弁済額100万円を3年間で分割弁済することにより(不動産や保険など価値ある資産がある場合は最低弁済額以上の金額を支払わなければならない場合があります。),残りの400万円が免責されます。住宅ローンを抱えた自宅を残したい方や,自己破産を避けなければならない事情がある方に向いた手続きということができます。

(3)自己破産について

自己破産とは,現在手元にある財産を債権者に分配し(生活の維持や再建のための費用は残すことができます。),借金のすべてを免責してもらう債務整理の方法です。自己破産も,裁判所に申立てを行う手続きです。原則として借金の全てが免責されることから,債務者の経済的な再生のためには非常に有用な手続ということができます。
なお,法律上定められた裁判所が免責を認めない事情(免責不許可事由)がある方や,破産手続によって資格を失ってしまう仕事をしている方は,自己破産手続に向いていません。

3 弁護士に依頼するメリット

・それぞれのご事情に合った債務整理の方法をご提案します。

・弁護士が受任通知を発送することで債権者からの連絡が止まります。

・裁判所への同行などを含め,最後まで手厚いサポートを受けることができます。

 

お問い合わせはお気軽に053-415-9031受付時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く ]

メールフォーム 24時間受付